課金型アプリには気をつける

アプリの中には、想定以上のお金がかかるものもあります。ほとんどのアプリは、購入段階で購入費用が明示されており、それ以上のお金はかかりません。ただ、アプリの中には、インストール後にもお金がかかるものがあるのです。ひとつには、ポータルアプリというものがあります。これは、幾つかのアプリを管理するためのアプリです。ポータルアプリそのものにお金はかかりませんが、ポータルアプリをインストールしたことで、有料アプリの広告などが頻繁に飛び込んでくるようになり、便利そうだからとついインストールしてしまう、ということが起こり得ます。最近では、ドラゴンクエストのポータルアプリが、この手のタイプです。ドラゴンクエストの場合、ドラクエ1が無料ダウンロードできたため、このポータルアプリが大量にダウンロードされました。その後、有料の8や4が販売されたという形です。ブックリーダーアプリもこの手のものが多くあるようです。課金型アプリというのもあります。インストールしている限り、毎月いくらかずつ料金が自動的にかかるタイプです。こうしたアプリについてはスマートフォンの設定を変えれば、更新されない代わりに、課金もストップするという仕組みになっています。

不要なアプリはとっとと削除

スマートフォンのデスクトップ画面にアプリがたくさん並んでいると、スマートフォンをバリバリ使いこなせている感じがしてカッコイイ気がします。一方で、アプリがスマートフォンのデータ容量をかなり食っていることも事実です。スマートフォンは容量を超えたデータ量は管理できません。写真や音楽など、本当に保存しておきたいものが保存できなくなる事態になります。最近のスマートフォンでは、あらゆるデータの重みが増しており、例えばiPhoneでは最高とされる64ギガバイトタイプのものでも、データがいっぱいになることが多々あります。そうなってしまっても、外付けのメモリーなどはありませんし、ハードディスク換装なども無理です。つまり、いらないアプリは、どんどんと削除していくのが賢い選択肢になります。なお、デスクトップ上から削除しても、パソコンに同期済みの場合は、またパソコンと接続してしまうと、そのアプリが再度インストールされることもあります。こういう場合は、スマートフォンかパソコンの設定を変えることで解決します。改めてデスクトップを見ると何のアプリか説明できないようなものも多くあるはずで、それらは真っ先に削除した方がよいです。

 

・参考サイト

 

http://面白いアプリ.jp/